収益物件に投資をする|ファイナンスの極意

不動産

様々な需要を考えて

不動産

投資用ワンルームマンションは、投資先としてとても魅力があります。ワンルームマンションのような、コンパクトで機能的な部屋に対する需要はとても高まっています。利用者の需要に答えるワンルームマンションをいかに選ぶかが、ワンルームマンション投資において必要なことです。

この記事を読む

これからも拡大を続けます

家賃上昇が影響しています

不動産

上場不動産投資信託に注目をする人が増えてきました。上場不動産投資信託とはマンションやオフィスビル、物流施設などの収益物件に投資をして、その家賃収入を原資に投資主に対して分配金を支払う投資商品です。ある1種類の収益物件に投資をする銘柄や、いくつもの種類の収益物件に投資をする銘柄があります。上場不動産投資信託が人気になってきた背景には分配金の上昇があります。数年前から不動産市況が回復してきており、オフィス賃料が下げ止まり、賃貸契約更新の際に賃料増額改定で成約するケースもみられてきました。また、外国人旅行者の増加を受けてホテルの宿泊代が上昇し、ホテルに投資をしている上場不動産投資信託も恩恵を受けています。

有望な市場です

賃料が上がれば分配金も増えるので、今後も賃料の上昇が続くと考える人たちが積極的に上場不動産投資信託を購入しているのです。また、上場不動産投資信託の安定性が認知されてきたということも人気の理由になっています。上場不動産投資信託は、多くの投資家で、複数の収益物件に投資をしているようなものなので、空室リスクが分散されており、収入が安定しています。銀行の預金利息が微々たるものであるのに比べて、年間利回りが3%を超える分配金を安定的に支払っている上場不動産投資信託は収益性の面からみても魅力なのです。上場不動産投資信託の銘柄数は50を超え、さらに、これからも上場予定の銘柄があります。これからも市場が拡大する有望な市場と言えます。

近年増えている賃貸の形

不動産

近年増えてきている賃貸としてリロケーションがあり、この方法の特徴は貸手にとって空家を防ぐことができるという点があります。リロケ−ションが人気となっている理由は、貸手にとっては空家を防ぎ収入を得るメリットがあり、借手は賃料が安く入居できるからです。

この記事を読む

マンションの経営の危険

不動産

マンション経営にもリスクはあります。様々なリスクではありますが、経営のノウハウがないこと自体がまずそれに該当することになります。そこで運営代行業者などに丸ごと委託してしまうことがお勧めできるわけです。

この記事を読む

Copyright©2015 収益物件に投資をする|ファイナンスの極意 All Rights Reserved.